握手会

2018年の乃木坂46はどこに向かう?

投稿日:

先週くらいには「2018年1月を振り返って」のような表題で、1月の全握の振り返りと、今後の乃木坂というテーマで何か書くつもりだったのですが、今日になって生駒ちゃん卒業のニュースが流れてきて、方針変更して今後の乃木坂がどうなるのか自分が思っていることを書こうと思います。

これはあくまで想像、あるいは妄想であって何の根拠もありません。

そしていつもはメンバーに対して「さん付け」だったり愛称で書いているのですが本記事に限り敬称略で書かせていただきます。

昨日までの予想

実は昨日まではこんなことを考えていました。

  • 深川麻衣型卒業はしばらくなくなる。つまり人気メンバーが年齢的にアイドルとはいえなくなってきて、女優等にステップアップするためにアイドルを脱皮することが必要になり卒業、それに乗じた卒業センター、卒業ビジネスはやらない。
  • 白石、松村、西野は、乃木坂46在籍状態ながら、事実上、脱アイドル。乃木坂46の活動の柱のひとつである個握はすでに卒業し、数年前なら絶対やらないようなオタが発狂するような売り方へ移行。
  • 20thでは、白石、松村、西野は楽曲自体に不参加、全握からも卒業。変わって3期生センターおよび大量選抜入りで世代交代アピール。

20thへの参加不参加はともかく彼女たちのアイドル脱皮はもうほぼ完了しています。活動の場をミュージカルに移している生田も個握卒業は時間の問題でしょう。

生駒卒業で何が起きるか?

さて生駒の場合は深川とはケースは異なります。当時最年長だった深川とは異なり、まだアイドルとして通用する年齢です。そして干されメンでもない。1期生に関しては上に書いたように「乃木坂46在籍状態ながら、事実上、脱アイドル」に誰がなってもおかしくない状態になってますので、卒業自体にそれほど驚いてはいないのですが、ここで生駒が?という気持ちもあります。2017年卒業の中元は体調不良による引退ですし、卒業発表から卒業まであえて全握をはさまなかった伊藤万理華は乃木坂色を消したかったんじゃないかと思います(せめて卒業があと一か月遅ければ、ファンは全握でさよなら言えたのに)。

20thは間違いなく生駒卒業センターでしょう。はっきり言って、深川の卒業センターは失敗だったと思ってます。あれをやってしまった弊害がいくつもあります。

  • 「人気メンバー」が卒業する場合にはセンターをやるという暗黙の了解を作ってしまった。
  • では「人気メンバー」とそうでない境界はどこ? 卒業なのにセンターをさせてもらえないメンバーとその推しの気持ちは?
  • 1年3曲リリースのうち、2016年は2曲が卒業センター。ライブで披露するときどうすんの?
  • 一度でもフロントを務めたかどうかが基準なら、お姉さんメンバー多いから卒業は順番待ちになるよ。
  • 逆にセンターを務めたら卒業かもって思われるからお姉さんメンバーをうかつにセンターにできない。事実、深川センター以降、卒業しない単独センターは飛鳥ただひとり。それ以外はWセンター。

こういうことがあるから「深川麻衣型卒後」はしばらくないと予想したのですが、乃木坂46の顔であり、一番の功労者である生駒里奈の卒業に際して「卒業センター」でないなんてことはありえません。

そうなると、選抜は1期生中心ですね。フロントは生生星を中心として、

西野 生田 生駒 星野 白石

になるのではないかと想像します。

そしてこれをやってしまったら、生駒里奈という乃木坂46の象徴を送る楽曲で1期生が顔をそろえたら、1期生まとめて送り出してしまう絵面のできあがりです。

世代交代?

私自身が西野オタのため、西野中心に乃木坂46をみているバイアスはありますが、乃木坂年代史を以下のようにとらえています。

  1. 草創期(1st~5th)生駒時代
  2. 成長期(6th~10th)
  3. 人気爆発期(11th~13th)白石、西野Wエース時代
  4. 世代交代試行期(14th~16th)
  5. 第一期乃木坂クライマックス(17th~19th)

深川卒業、飛鳥センター、橋本卒業で世代交代が進むと思いきや、まだ2期生、3期生には任せられないとばかりに17thで白石、西野のWセンター。18thで3期生Wセンターを試しつつも19thで1期生中心に。それも東京ドーム公演、レコード大賞受賞で第一期の乃木坂46は最高のクライマックスを迎えたと思います。

生駒卒業で、20thが生駒卒業セレモニーとなるならば、そこに名を連ねるのは1期生が中心で、第一期の乃木坂46はフィナーレ、21thは新生乃木坂46として完全なる世代交代となるでしょう。生駒卒業がなければ、お姉さんメンバーが抜けながら2018年いっぱいをかけての世代交代だったかなと思います。

 

もっとも西野七瀬推しの自分にとっては、七瀬さんは「乃木坂46に在籍はしているけれど、事実上の卒業状態」であり、年内には全握卒業、楽曲卒業になるだろうなと感じてます。そして「卒業」という明確な儀式なく、オタは自分で引き際を決めなければなりません。私は「たぶんこれが最後」というように完全にオタ卒しきっておらず、20thの全握に西野七瀬さんが参加するなら、どこか1会場だけ(ループできる回数と時期を考えるとGW中の名古屋)本当に最後のサヨナラを言って完全にオタ卒したい気持ちがあります。

以上は、最初に書いたように何の根拠もないただの想像です。3年間、合計50開催の握手会で西野七瀬さんを見続けてきたオタのただの直感など信用に値しないので、真に受けて騒がないでください。

 

-握手会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

4月の握手会ネタ一覧

握手会が一度も開催されない3月ももうすぐ終わる。今週末から「ライオンのグータッチ」も始まるし、4月が待ち遠しい。

no image

東京ドーム公演チケット先行受付方法が不愉快なわけ

【ニュース更新】 『真夏の全国ツアー2017 FINAL!』東京ドーム公演 チケット先行受付について https://t.co/2vzDQeRMlo pic.twitter.com/Kqswd2zP4 …

no image

12/17の名古屋の宿泊

本当は、9/30の個握の結果が出た後すぐに、12/17の名古屋の宿を予約すべきだったが、翌日が早朝から京都遠征だったのと、連休ってわけでもでもないのと、名古屋にはビジネスホテルは多いはずと油断した。 …

no image

余韻の楽しみ方

今回、関東圏で自宅から日帰りで行けたこと、および仕事が忙しくなることを想定して1,2部だけにしたこと、にもかかわらず2部が終わって映画を見に行ってしまったことで、握手会の余韻が全くなく、日常の「単なる …

no image

ちえん

1/14(木) 15:00~1/15(金) 14:00で応募受付を行っておりました、 乃木坂46 14thシングル『タイトル未定』発売記念 個別握手会 第1次応募受付に関して、 多数のご応募をいただき …

アーカイブ

カテゴリー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

以下は乃木活に役立つリンク集(ほぼ自分用)です。アフィリエイトなどは貼ってません

乃木坂46公式サイト

forTUNE music

乃木坂46 西野七瀬 公式ブログ

乃木坂46 OFFICIAL WEB SHOP

ライオンのグータッチ


EX予約

タイトルには以下のフォントを使ってます

りいのフォント

以下はアフィリエイトリンクです。他人にアフィリエイト収入渡してなるものかという人は適当に商品名をコピーしてお好きなショップで検索して下さい。